スキンケアと脱毛の基本と手順

スキンケアと脱毛について基本情報と手順を紹介します。ニキビやシミ、シワ、たるみ、毛穴の開き、ムダ毛の脱毛、二重など、美容に関する基本的な情報を発信します。

スキンケアと脱毛の基本と手順カテゴリー項目一覧

クレンジングでメイク落としをするコツ

クレンジングでメイク落としをするときに、注意したことがあります。

何だと思いますか?

それは、クレンジング剤をけちらないことです。タップリと使いましょう。

クレンジングには界面活性剤が多く含まれています。だから、油分の化粧品を水で洗い流すことができるのです。

だったら、刺激が多いクレンジングを少なめに使うことが、お肌に取って良いのでは?

それが間違いなのです。

確かにクレンジング剤は、界面活性剤を含んでいるので、お肌に良くないものです。でも、クレンジング剤を少しだけしか使わずに、化粧をしっかりと落とすことが出来なければ、こちらのほうがもっとお肌によくありません。化粧を残したまま眠ってしまったら大変です。お肌に残った化粧品が酸化して、お肌を老化させてしまいます。

それに、クレンジング剤が少ないと、ついついお肌をこすってしまいます。摩擦はシミの原因です。クレンジング剤を節約したために、お肌が老化してしまっては大変です。

だから、クレンジングはタップリと使って、手早く済ませるのがコツです。量が多ければ、塗るのも速いので、手早くできます。これがクレンジングのコツです。

それでは、実際にどれくらいの量を使ったら良いのでしょうか。

クレンジングの量ですが、クリームクレンジングならビー玉くらいの大きさを手のひらに取ります。乳液タイプのクレンジングなら、500円玉位の大きさを手のひらにとります。ちょっと多めに使うようにしましょう。

続きを読む

クレンジングはミルクタイプのクレンジングがおすすめ

肌荒れで困っているのならもしかしたらクレンジングが原因かも知れません。

最近は、オイルクレンジングを使う方が多くなってきているようです。確かにオイルクレンジングは落ちにくい化粧も綺麗サッパリ落とすことができます。

でも、お肌が弱い方はオイルクレンジングを使うのはやめたほうが良いでしょう。なぜなら、界面活性剤がたくさん配合されているからです。オイルクレンジングはオイルをたくさん使います。顔に油を塗るわけですから、界面活性剤がないと水だけでは落とすことができません。界面活性剤は強力なので、必要な皮脂まで根こそぎ落としてしまいます。肌が弱い方のかよわいバリアが失われたら、さらに肌荒れがひどくなります。

ジェルタイプのクレンジングならと思うかも知れませんね。ジェルタイプには油はあまり多く含まれていないからです。でも、そのかわりにアルコールが使われている場合が多いので、注意が必要です。

一番良くないのはシートタイプのクレンジングです。強力です。それに水分が多く含まれているので、腐らないように防腐剤もたくさん使われています。旅行などどうしてもシートタイプのクレンジングを使わないといけないという場合以外は、シートタイプのクレンジングを使うのはやめましょう。特に毎日使うなんてことはやめましょうね。

刺激が少ないのはやはりミルクタイプのクレンジングです。お肌が弱い方は、クレンジングはミルククレンジングを選びましょう。

続きを読む

コラーゲン

コラーゲンが美肌に必要なことはよく知られていますが、結局コラーゲンって何?

コラーゲンはゴムのように弾力を持った繊維です。この弾力がお肌にハリと弾力を与えます。若々しいお肌はコラーゲンがたっぷりです。だからお肌にハリがあります。

でもこのコラーゲンは年齢と共に変質したり減少します。こうなるとお肌にシワが出来ます。ぷるんぷるんのお肌のコラーゲンが失われるとシワが出来てしまうのです。

コラーゲンの機能としては、肌の保湿機能もありますね。化粧品に配合されているコラーゲンの多くは、この保湿目的が多いようです。

コラーゲンでお肌のハリを取り戻すためには、化粧品に配合されているコラーゲンが真皮に浸透しなければいけません。でも、残念ながら多くの化粧品のコラーゲンは真皮まで浸透できません。だからいくらコラーゲンが配合されている化粧品を一生懸命使っても、なかなかお肌のハリが戻るまでにはいかないのです。コラーゲンが入っている化粧品と宣伝されていても、シワ対策に至らないものが多いので、注意が必要です。

続きを読む

クレンジング選びは界面活性剤に気をつけて!

クレンジングはお肌への負担が大きいので、選ぶときには慎重にしたいものです。

クレンジングの目的は、油分で出来ている化粧品を落とすために使います。化粧の脂は水で洗っただけではなかなか落ちません。そこで、クレンジングの脂で化粧品の脂を浮かせてしまいます。浮いた化粧品を水で洗い流すので、油分が大池商品も洗い流すことができます。

なので、クレンジングには化粧の油を浮き上がらせるための油分と、油と水がなじむように、界面活性剤が入っています。この界面活性剤はお肌にとても刺激が強いものです。お肌に刺激が強いので、できるだけ使いたくはないのですが、界面活性剤無しで、化粧品をきちんと取り除くことが難しいので、仕方がありませんね。

クレンジングには色々なタイプがあります。クレンジング選びはどうしたら良いのでしょうか。最近は化粧品の落が良いオイルクレンジングが人気ですが、これはすごくお肌に負担をかけます。また、手軽だからといって安易にシートタイプのクレンジングを選ぶと、お肌が悲鳴を上げますよ。

クレンジング選びはお肌への負担が少ないものを選びたいものです。

続きを読む

コラーゲンの効果

コラーゲンドリンクはとても効果ですが、やはり飲んでいるとお肌のハリが違います。年を取らない感じです。

コラーゲンとは結局何なのでしょうか?

コラーゲンは繊維芽細胞と呼ばれる細胞から作られます。コラーゲンはゴムのように弾力を持った繊維です。この弾力のある繊維のコラーゲンのおかげで肌のハリや弾力が保たれているのです。だから、コラーゲンが変質したり減少するとシワが出来易くなります。しわくちゃにならないうちにしっかりとコラーゲンを摂取しておかないといけないのです。若かった頃のあの肌に戻りたい!だったら、体から少なくなっているコラーゲンを補いましょう。

最近は基礎化粧品にもコラーゲンが配合されている製品が多く発売されていますね。コラーゲンは保湿成分としてお肌の潤いには欠かせません。

でも、古くなったコラーゲンはあまり役に立ちません。だから古くなったコラーゲンは酵素で分解されていきます。常に新しいコラーゲンを体内で合成しないといけないのです。

続きを読む

美肌には緑黄色野菜が欠かせない!

肌荒れを解消するためには野菜をしっかりと摂るのがおすすめです。でもサラダで美肌は難しいです。美肌に必要なビタミンは、ビタミンAですが、サラダに登場する野菜はビタミンの含有量が少ない野菜が多いのです。さらに、サラダは体を冷やすので、冷え性の方にはおすすめできません。

美肌にはビタミンA(ベータカロチン)の抗酸化力が頼りになります。肌荒れの防止にも役立つので、ぜひビタミンAを摂るようにしましょう。

ビタミンAを多く含む野菜は緑黄色野菜です。緑黄色野菜は外食で摂るのは難しい食材です。惣菜でも摂れますが、時間が経つとビタミンが少なくなってしまいます。できたてなら良いのですが・・

緑黄野菜のジュースもありですが、ジュースもミキサーにかけるときにビタミンが結構失われるようです。

やっぱり手間隙かけて緑黄色野菜を摂るのが一番のようです。手っ取り早く緑黄野菜を取る方法は、冷凍野菜を使って調理する方法です。下ごしらえの手間がないのでとても便利です。冷凍野菜ならビタミンをそのまま閉じ込めているので、美肌には理想的です。電子レンジで温めるだけで食べることができる緑黄野菜もあるようですね。

ビタミンCも美肌には欠かせないものです。白い野菜に多く含まれるのがビタミンCです。じゃがいもやキャベツなどが豊富に含んでいます。

続きを読む

シミ対策は紫外線対策から

シミ対策は紫外線対策から始まります。
シミの原因はいろいろありますが、一番の原因は紫外線です。
しみを作らないためには紫外線対策を一年中することが基本になります。
たとえ短い時間外出する場合でも、帽子、長袖、日傘など、紫外線に肌が当たらないようにすることが大切です。
顔だけではなく、手や首の日焼け対策もきちんとしましょう。
もし、しみが出来てしまったら、しみの治療をすることになりますが、シミの治療は病院の皮膚科できちんとやるのが安心です。
シミ対策の化粧品もいろいろ発売されていますが、まずは皮膚科で肌質にあったシミ対策を相談するほうが良いでしょう。
シミの治療にはいろいろな方法があります。
シミの表面に厚みがあり、角質が厚くなってざらざらしている場合、シミのレーザー治療がおすすめです。
CO2レーザーなどで厚みを削ってからルビーレーザーやヤグレーザーを照射してシミを治します。
これらのレーザー光線は、メラニン色素に吸収されるので、シミの部分に照射すると、熱でメラニンが破壊されます。
レーザーで焼くのですから、さすがにかさぶたが出来たりします。
レーザー後の皮膚のケアをきちんとする必要があります。
そのため、サロンなどでレーザー治療をするところもありますが、病院の皮膚科できちんと医療行為を受けることが出来るところでレーザー治療をするほうが安心です。
レーザー治療後は、あららしい皮膚が再生され、シミの無い肌に生まれ変わります。
シミ消しは化粧でやることも出来ますが、やはりレーザー治療に優る誌みたい作はありません。

シミの治療はシロノクリニックやオザキクリニックなどが人気のようですね。

続きを読む

ニキビの原因は顔ダニ?

ニキビの原因はいろいろあります。ストレスだったり生活習慣だったり、食習慣だったりいろいろです。特に大人ニキビの場合は、ニキビの原因が複雑に関係しているので、一概にこれがニキビの原因と言えるようなものではないのが現実です。

ニキビでも赤ニキビは毛穴の皮脂に細菌が繁殖して炎症を起こしていることが原因ですから、赤ニキビの場合、細菌を滅菌してしまえば症状は緩和されます。といっても、根本のニキビの原因を排除しない限り、再びニキビができることになりますが。

昔から言われているニキビの原因の一つに顔ダニがあります。顔ダニがニキビの原因?顔ダニは誰の顔にもいるダニです。顔ダニは基本的に無害です。顔ダニがニキビの原因と言うのは背景をきちんと見なければいけません。顔ダニ自体は無害ですが、顔ダニが死んだ後の死骸や排泄物が顔に残っていたりします。このような顔の汚れがニキビの原因になっていることは確かです。この意味から、顔ダニがニキビの原因として考えられてきたのも無理はありません。

顔ダニがニキビの原因にならないためには、顔ダニの排泄物や死骸が残らないように、洗顔をきちんとすることが基本になります。毎日洗顔することで、顔ダニの排泄物や死骸を取り除くことが出来ます。

といっても、顔ダニが消滅するわけではありません。一回の洗顔で多くて30%ぐらいしか退治できません。100%は無理といっても過言ではありません。だからこまめな洗顔が必要になります。

でも必要以上に洗顔をすると逆に皮脂の分泌を増加させてしまいます。程ほどに!

続きを読む

相互リンクを募集中

相互リンクを募集しています。

相互リンクを希望しているサイトは美容(スキンケア、美白、アンチエイジング、
エステ、育毛、ヘアケアなど)をテーマしているサイトです。

美容をテーマにしているサイト様との相互リンクをお願いします。

相互リンク希望の方は、下記の手順でお願いいたします。

ただし、美容(スキンケア、美白、アンチエイジング、エステ、育毛、ヘアケアなど)
に関する同一テーマのサイト限定です。

それ以外のテーマのサイトとは相互リンクいたしかねますので、
予めご了承下さい。


1.まず、あなたのサイトに当サイトへのリンクを設置して下さい。

2.その際には、リンク先URLとアンカーテキストは次のようにお願いします。

  ●リンク先URL:http://www.benefit-home.com/

  ●アンカーテキスト:スキンケアと脱毛の基本と手順

  ※バナーでのリンクはいたしません、必ず、テキストにてお願いします。

3.当サイトへのリンクが完了したら、
  youhtml●ikumou-info.sakura.ne.jp宛てに、必ず「★相互リンク希望★」
  の件名にてメールをお願いします。(●は@に変更願います)

4.あなたのサイトの紹介を、当サイトでは、1記事として扱います。
  ですから、サイトの説明などの文字数の制限は基本的にありません。

  ただし、一般常識の範囲にてお願いします。
  また、あまりにも売込みが強いと思われる場合は、
  相互リンクをお断りします(アフィリエイトサイトも受け付けています)

★(1)〜(9)の項目に該当するサイトは相互リンクをお断りします。

(1)いわゆるペラサイト
  (1ページのみのサイト、またはそれに準ずるサイト)
(2)アダルトサイト又は18歳未満に好ましくないと判断されるコンテンツ
   を含むサイト(出会い系サイトを含む)
(3)公的秩序に反するサイト
(4)犯罪行為に結びつくサイト
(5)他人の著作権を侵害するサイト
(6)他人の財産、プライバシーを侵害するサイト
(7)その他、法律に反するサイト
(8)他人に不利益を与えるサイト
(9)他人を中傷するサイト

上記以外でも、管理人が登...

続きを読む

ニキビの種類

ニキビといってもいろいろな種類があります。ニキビの種類は、症状の進行状況の順に並べると、白ニキビ、赤ニキビ、黄ニキビの順で症状が重たくなってきます。

古い角質が肌の表面から自然にはがれるのですが、何かの原因で角質が肌の表面からはがれなくなると角質層がだんだん厚くなってきます。そして毛穴をふさいでしまいます。毛穴からは肌を守るために必要な皮脂が分泌されていますが、毛穴に蓋が付いている状態なので、皮脂が毛穴の中に閉じ込められてしまいます。この状態が白ニキビです。

皮脂が毛穴に詰まると、そこに細菌が繁殖します。そして炎症を起こすのです。この状態が赤ニキビです。

赤ニキビの症状がさらに進むと、黄ニキビになります。黄ニキビは体が細菌と格闘した結果の色です。白血球が細菌と格闘した結果です。

黒ニキビは白ニキビの皮脂が酸化したり汚れで黒ずんだ状態のニキビです。皮脂が酸化して黒くなった状態が皮膚を通して確認できます。

このように、ニキビと一言で言っても、症状の進行状況によって異なります。症状の進み具合に応じて適切な治療をすることがニキビ治療には必要になります。

続きを読む

サイトTOPへ